スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

釣行後記(2010年12月5日 牛久沼)

結果から言うと、明確な魚の反応は1バイトのみ。
濁りを避けて選んだフィールドでしたが、終わってみると一日の殆どを濁りのある流入河川で過ごしてしまいました・・・
これも「RIVER」の定めなのか^^;


結果が分かっていれば、1日本湖エリアでの勝負も出来ますが、エレキのみ&近年の牛久沼の状況から判断するとリスキーすぎます(自分の経験からですが)
しかし、昨日は本湖勝負をしても良かったのかも知れません。
いや、本湖勝負するべきでしたね。完全に!!


まぁ結局は結果論になりますが、釣り慣れた流入河川で1日頑張ってもたったの1バイトだけだったので、少しでも水が生きている場所を探して本湖で勝負すれば良かったと思います。
流入河川で唯一得たバイトも殆ど朽ち果てたオダでのバイトでした。


ここのオダは全盛期に比べてかなり小さくなっている(1/10ぐらい?)
しかし、第2、第3の要素がある為、昨日釣りしたエリアの中でも一番魚探への反応は良かったのです。


でも、1日中魚探への反応が良かったかと言うと、そうではなく・・・
水温が上がり出す午後からは魚探の反応も薄くなり、ベイトが散らばっている感じがしました。
まぁこれは想定の範囲内だったので(某河川(S)のマナホールと同じ)午前中はこのオダと心中しようと決心しました。


本当はここで午前中に小さくても1本釣れる予定だったんですが・・・
問題は午後の展開でした(爆)
予想通りにベイトが散って、さらに浮いている感じがしてはいたんですが、それにリンクするバスを探す事が出来ずに終了。


スピナーベイト・シャッド・クランクベイトなどでチェックしていくが、全く反応がないまま夕マズメ。
最後はウッドカバー(レイダウンなど)の中層にサスペンド(日中表水温が上がり、その温かい層に浮いてくる)しているバスを狙ってカバー撃ちをしまくりましたが・・・
(某ブログの画像参照)


ちなみに写真の撮りあいなんてしてません(爆)
変なおじさんにストーカーはされましたが・・・


釣れてる時よりも釣れない時の方が頭を使います。
釣れてないから当たり前なんですが、頭の使いすぎも良くありません(><)
昨日、私の近くでヘラ釣りをしていた人が電話で話ししているのを聞きました。
「25cmぐらいのを15枚釣ったよ」
確かにその人はいいペースでロッドを曲げていました。


まだ冬じゃないんだよね・・・
一時的にタフっていたのは間違いないと思いますが、水中はまだ秋だと思う。
朝晩は別として日中は凄く暖かい。
小さい魚もまだ動いてるし、まだ秋なんだよなぁ~
でも難しい・・・
秋だから難しいのか?


ちょろっと行って、簡単に釣れる程甘くないのは分かってますが、経験が足りませんね・・・
どんな状況でも釣る人は必ず釣ってくる!!
そんな人になりたいですね^^
また次回頑張ります。

スポンサーサイト
2010-12-06 : 釣行後記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まな

Author:まな
<年齢>
 40歳
<性別>
  男
<血液型>
  B型
<フィッシングスタイル>
アルミボート&オカッパリ

月別アーカイブ

リンク先をPOPUP表示

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

天気予報

-降水短時間予報-

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。