スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

釣行後記(2013年1月13日 霞ヶ浦水系)

釣れるのが分かっていたら面白くない。
釣れないのを釣るから面白い。





基本はそう考えてます。
でも、簡単に釣りたい・・・
複雑な心境ですね






釣りを長く続けている理由として『ドキドキ感』があります。
ビッグフィッシュを手にした瞬間の手が震える感じ。
絶対に釣れないと諦めかけていた時に、魚を手にした時の感覚。
自分の考え(セオリー)を塗り替えられた瞬間。
(魚に教わった時ですね)






どの感覚も、釣れると分かっていたら感じる事の出来ない感覚だと思います。
やはり『ドキドキ感』を求めるならば、勝負師でないといけない。
チャレンジですよ。チャレンジ






昨日の釣行でも考え方は一緒。
ディープに落ちた魚は基本的に狙いません。
勿論、ディープを全然触らない訳ではないですが(メインの場所を休めたり、確認の為には触りますよ)
この時期と言えども、狙っているのはシャローに動いた魚。
理由は簡単。
そっちの展開で釣った方が、ドキドキ感を得られる確立が高いからです。






昨日の釣行で唯一取ったバイトも、シャローでのバイトでした。
時間は14時頃。
この時期に一番魚が動くタイミングかなぁ~と思います。
しかし、自分の狙った最高のタイミングであっても、バイト自体はかなりシビアなものでした。
ジャークベイト(ダルド)→シャッド(ワスプ)→ジャークベイト(ダルド)とローテーションした後の、フォローで入れたネコリグでのバイト。






しかも、スタック後のハングオフでのバイトでした・・・
ハングオフ直後に小さく『コンッ』とバイト。
その後、ラインが走る事もなく、ロッドで軽く聞いてみると『モッサー』と言うような、魚っぽい重量感。
魚だと確信して、フッキング後のファイト中にフックオフ・・・





動きたくないのに、リアクションで反応した為フッキングが甘かったのでしょうね
残念賞でした
この時期であっても、シャローの魚を釣っていると、ラインが走ったりします。
寒くても餌を食べている魚は居るので、この時期と言えどもラインが走ってもおかしくはありません。






↑にも書いたように、基本的にはシャローを釣っているので、寧ろそんなバイトを期待しているのですが、昨日の魚はシャローにも関わらず、ディープで取ったバイトの様でした・・・
ま、それだけ状況が厳しいと言う事でしょうかね






逆を言えば、こんな状況で釣れれば『ドキドキ感』を得られる魚に違いない。
そう考えると、次の釣行が楽しみでなりませんね
次こそは・・・
ま、毎回そう思ってやってますが、そう簡単には行かないのも釣りの面白さなので、釣れない時は釣れない事を楽しんじゃうんだから~






そして、この時期にやる事と言えば、ハイシーズンに向けての準備ですよね。
昨年感じた、自分に足りない物を埋める為のルアーテストなどなど
使ってみたいルアーの使用感(タックルバランスなのも含め)のテストなど、本格的にシーズンインしたら出来ない事って沢山ありますよ。






今やっている事が、今後どれだけ自分の物になるかは分かりませんが、必ず何処かのタイミングで自分の引き出しとして活躍してくれる事を信じてます。
っと書きつつも、大した事はやってませんけどね(爆)
ちょっとした事でも良いんですよ。
自分でやってみて、自分の中である程度納得出来れば使い所も見えてくると思います。







最終的に裏切るのは魚じゃないですよ。
過去の自分ですから・・・
なんてね
今回はこの辺で
スポンサーサイト
2013-01-14 : 釣行後記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まな

Author:まな
<年齢>
 40歳
<性別>
  男
<血液型>
  B型
<フィッシングスタイル>
アルミボート&オカッパリ

月別アーカイブ

リンク先をPOPUP表示

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

天気予報

-降水短時間予報-

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。