スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

釣行後記(2011年12月4日 ラトルズ第10戦)

今日は体がギシギシです(爆)
今回の釣行後記もかなり激長です(爆)


昨日はホント激荒れでしたね
内容的にはやり切った感はあるので、悔いは無いと言いたい所ですが・・・
大会なので、結果が全てだと思います。
要するに、エリアの選択ミス(滝汗)ですね。
プラを引きずるってやつですね
分かっちゃいるけどやっちゃうんだよね~
っと言う訳で、引きずる原因になったプラクティスの模様を軽く書いてみようと思います。
(今後の為に、自分の記録として書いときます)


前回の大会が終了して、今回の大会に向けての最初のプラクティスは大会から1週間後の11月20日。
この日の課題は、1週間と間が空いた事によって、フィールドがどれだけ変化しているかのチェックが最大の目的でした。
しかし、前日に降ったまとまった雨により、フィールドは激変。
激増水&激濁り&激ゴミ流れとなっていました
状況は最悪でしたが、一応課題通りに1週間前のおさらいをしましたが、ショートバイトが数回のみ。
いずれにしても12月の大会では使えないパターンだと感じていた事もあり、前回良かった流入河川のパターンを捨て、本湖に勝負に出ました。


その決断が功を奏し、冬の定番エリアでクオリティーフィッシュを釣る事が出来ました
(42cm1500g)
まぁ定番エリアなので、大会当日はバッティングも考えられます、期待は激薄ですがイメージとしては良い感じのイメージが出来ました。


そしてプラクティス2回目の3日後の11月23日。
この日の釣行はこんな感じ(11月23日の釣行記)でした。
実はHPにアップした魚(3本)以外にも釣れていたんです
↓これとか。
2011年11月23日(1)
↓これとか。
2011年11月23日(2)
写真は撮ってないですが、この他にももう1本釣ってます。
計6本キャッチしていて、その他にもバラシやフッキングミスが数回と、2回目のプラクティスでは最高の収穫がありましたね。
5本の合計では約3400gといった感じ。
内訳は本湖で2本の流入河川で4本でした
20日のイメージで本湖で2本獲れたのも収穫大だったのですが、一番の収穫は流入河川です
そう、多少変化してはいるものの、先月の大会でのパターンが活きていたのです。


そして迎えたプラ最終日の11月27日。
いよいよ水温は10度を切る状況になったのです・・・
朝一は流入河川を軽くチェック。
すると案の定、反応ありません・・・
俗に言うタフってやつです(爆)
その後、手を変え品を変え何とか1本搾り出しましたが、後が続かないので本湖をチェック。
走り回り状況を把握すると・・・全くのノーバイト(爆)
『やはりそうなるのか』と呟きながら、再度流入河川をチェック。
(狙い通りに行く事なんて殆ど無いですよね


午後になり、水温が上がったタイミングで流入河川に入りなおしたのが良かった様で、その後は3本キャッチ出来ました。
(これがこの日のHPにアップした釣行記です→11月27日の釣行記
そしてこの日もHPにアップした魚以外にも釣っていました↓
2011年11月27日(1)
↑これは朝一に釣った魚ですが、冷え込みのせいで目が逝ってましたね(汗)
そしてこれも27日に釣った魚です↓
2011年11月27日(2)
徐々にスローになってきていますが、この日感じたのは何とかなりそうな印象を強く受けました。
この日のウェイトは4本で2850gぐらいだったと思います。
ショートバイトなのか、フッキングミスも数回と合わせ切れしてしまったのもあったので、ノーミスで5本揃えれば・・・
という期待を胸に抱きつつ、如何に我慢出来るか、自分との戦いだと感じました。
今年は秋頃からこのエリアを釣り込んで来た事もあり、この日の釣行を終えた時点で結構面白い事も分かってきました
この辺は今後の事も考えて、ちょいと伏せさせて頂きますが、HPとかを良く見ていれば感の鋭い人ならばもしかして分かるかも知れませんよ。


↑上にも書いたように、あくまでも自分の記録なので、自分では分かるように(後で見た時に思い出すように)してありますので、もしかするとある程度近い所までは分かっちゃうかもしれませんね(注意;ポイントとかじゃないです)
ここまでのプラクティスに於いて、本戦の12月4日を想定して自分なりにかなりの精度を上げる事が出来たと実感していました。
この時期の気圧配置(西高東低)にも対応出来るようなエリアも、自分なりに釣り込みもして魚も触る事が出来たし、逆の風にも対応出来るようなエリアでも魚も触る事が出来ていました(数は釣ってませんが)
プラクティスは天候にも恵まれ、順調にプランを消化出来ていましたが・・・


今思うと、一番ダメだったのはプラクティスが順調すぎた事だったのかも知れません
最近良く耳にする『再現性がない』とか『裏切られる』と言った言葉は殆ど感じられず、プラクティスを終えた時点での私の印象は『再現性メチャクチャあるじゃん』とか『霞水系は裏切らないね~』と言った感じでした。
勿論、時期的なこともあり、毎回多少ではあるがタフな状況になってきているとは感じていましたが、狙いどころを絞ってシッカリと釣りをすれば答えは返ってきていました
それが落とし穴だったのかも知れませんね・・・


そしてダメ押ししたのが、最終フライトだったにも関わらず、入りたい場所に入れた事、さらには一投目からバイトがあった事だと思います。
天気予報から私の狙っていたエリアが爆風になるのは分かっていました。
その為、万が一(バッテリー切れなどを考慮して)を考えてボートにアンカーを積んで出船したんですが・・・
結果的にそこまでしてあのエリアに固執するのは良くなかったですね
途中エリアを休める為に、風裏に何度か入りましたが、日中水温が上がったタイミングで風裏で勝負するのもありだったかも知れませんね(><;)
状況的に見ても、1本釣れれば入賞の確立が高いのも予想は出来ました。
1本という一見簡単そうに感じる目標からか、プラのイメージを捨てきれないで終ってしまいました。


しかし、昨日の1本はグッサイを5本揃えるぐらい価値がある1本だったんですよね。
あの状況で釣ってきたテツさんとヨコシマさんには脱帽です
まぁ正直な所、プラクティスの時点である程度の風に対応出来るようにはやっていたのですが、まさかあれ程の風が吹くとは予想が出来ませんでした。
日曜日の天気予報が出るのは約1週間前です。
さらに風の予報となると1~2日前だと思います・・・
当然、1週間前に最終プラクティスを終えている私には対応する事が出来ない訳で、プラクティスを引きずるしかなかったんですよね


このフィールドでの経験値が低い私は、前日の夜になって(風の予報を見てから)慌ててグーグルアースなどを駆使して風裏になりそうなエリアをチェックしましたが・・・
当日は、風の予報を遥かに上回る爆風。
そのエリアに行くのも一苦労と言った状況でしたね(滝汗)
ならば、無駄な時間を省き(移動などのロス)爆風の中で1投1投に時間を掛けて粘る作戦をとった訳です。
まぁ仕方ないですね
良い経験を積ませて頂きましたm(__)m
これで終った訳ではないので、この経験を活かせる様にまた頑張りますよ
悔しいから、年内にもう1本50UP釣ってやる
(↑目標っすけどね^^;)


2011年は、このままで終らせないですよ
一気にエキシビジョンモードに入ろうと企んでます・・・
とか言っても、全然普通の釣行になると思いますけどね(爆)
出来るだけ、デカバスに絞った釣りをしてみようと思ってます。
振り返ると、今年1年はトーナメントモード全開だったので、ビッグフィッシュを狙った釣りって中々出来ていなかったような気がします。


ま、振り返るにはまだ少し早いので、今回はこの辺で終わりにしようと思います。
この記事を書いてたら、何だか気合い入ってきちゃってかなり脱線しましたが、爆風の中大会に参加された皆さんお疲れ様でした。

PS
冬のポカポカ陽気で釣りがしたい


スポンサーサイト
2011-12-05 : 釣行後記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まな

Author:まな
<年齢>
 40歳
<性別>
  男
<血液型>
  B型
<フィッシングスタイル>
アルミボート&オカッパリ

月別アーカイブ

リンク先をPOPUP表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

天気予報

-降水短時間予報-

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。