スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

釣行後記(2011年11月13日 ラトルズ第9戦)

先月の『魚けんCUP』終了後から気持ちを一気に霞ヶ浦に切り替えました♪
前回ラトルズさんの大会に参加した時(10月の霞ヶ浦戦)に強く感じた経験の差。
参加メンバーと自分との経験の差を少しでも埋める為にはとにかく練習しかないと思いました。


『魚けん CUP』終了後、最初に霞ヶ浦入りした時は一度全てをリセットして釣りをしました。
今回の大会に向けて、考えられるエリアをとにかくスピーディーにチェック。
その為に選んだルアーがスピナーベイトでした♪


水深や目に見えないストラクチャーなど、新しい発見もいくつかあり、かなりの収穫と手応えを感じました。
結果的に一番の収穫はスピナーベイトで発見した2つのパターンでした。
ま、大会までに状況は変わる事も最初から予想出来たので、魚の動きを出来るだけ追従出来るように、スピナーベイトでの2つのパターンの精度アップに努めました。


サラッと内容に触ると、キーとなっていたのは・・・ずばり『適度な水深のある縦ストラクチャー』でした。
タイミング的に秋から冬へと変わる時期でもあり、気温(水温も含め)が安定しないこの時期は、先日のように急な寒波が来た時に直ぐに非難できるような場所をバスも好むと思います。
勿論、時期的に色々なタイプのバスが存在すると考えられますが、釣り人目線で考えると(ま、私目線ですが・・・)↑に書いたような条件が釣りやすいと考えます。
寒波が来れば、魚は立てストラクチャーに沿って沈み、暖かい日が続けば縦ストラクチャーに沿って浮く。
つまり、上下動だけで状況に対処出来るのです。


釣り人目線で言うと、状況が多少タフになったとしても、魚が居なくならない。
場所は同じでも、釣り方を変えるだけでタフった状況にも対処出来ると言う訳です♪
しかし、そう言った場所は俗に言う『一級ポイント』と呼ばれる場所で、そう多くは無いです。
さらに付け加えると、皆知っている場所だったりします(滝汗)


プラクティスではその辺を強く意識して、出来るだけ皆がやらないような場所で↑に書いたようなポイントを探す事を考えました。それと、もう1つ意識していたのが、ハードルアーでの展開です。
勿論、時期的な事もありますが、この時期に大会で釣り勝つにはやはりハードルアーでのパンチが欲しかったんです^^;
ワーム系での打撃戦では微妙に勝てるイメージがわかなかったんです(爆)
ま、ラッキーフィッシュも含めて、ハードルアーでのちょっとしたスパイスが欲しかったんですね。
結果的に、スピナーベイト(ジンクスミニ)で魚が触れていたので、OKだったんですけど、出来ればもう1つぐらいハードルアーでのパターンを見つけたかったですね・・・


大会直前になって、予想通りと言うか、恵まれないお客さん『寒波』がやってきました(滝汗)
徐々にジンクスミニでのパターンもパワーダウンしていると感じていただけに、このタイミングでの寒波は厄介です・・・
さらには冷たい雨が丸1日降り続く日もあり、フィールドが変化しているのは目に見えて分かりました(><;)


そして昨日の本戦を迎えた訳です。
ま、HPを見て結果は分かっていると思いますが、色々なラッキーが重なり優勝する事が出来たんだと思います♪
それと同時に、プラクティスを頑張って良かった~って思いましたね^^
もし、これで結果が出なかったとしても、あれだけ真剣にプラクティスをしていれば納得してたと思います。


前回の大会(10月開催)の時は、完敗でした(><;)
色々なタイミングが重なり、急遽参加する事になった前回の大会。
ハッキリ言って練習不足でした。経験が足りませんでした。
練習もしていないのに、負けた時はメチャクチャ悔しかったんです・・・


でも、何となくですが、昨日感じた事があります。
前回の大会の時に『悔しい』と思ったのは、負けた事が悔しかったんじゃないんだな~って。
全力で勝負出来なかった(練習不足)自分に悔しさを感じたんだと思いました。


ま、理由はどうあれ『悔しい』と思ったから今回の優勝に繋がった訳で、結果的に良かったんですが『勝って学ぶ事よりも負けて学ぶ事』の方が大きいと言う事に勝って気がつきましたね(爆)
↑これって結構深いと思います(で、どっちなの?って感じもしますけどね^^;)


またいつもの脱線展開ですが、話を昨日の内容に戻します
まぁ本当にタフだったと思います
全体的に見ても、参加者の約半分がNFと言う状況でしたし、自分の内容も厳しいものでした。
魚の反応はかなりあったものの、キャッチ出来たのは7匹とバイトの数から考えたらタフだった事がハッキリと分かります。


釣ったリグは全てネコリグでした
プラクティスで3日、本戦1日と計4日間の中で、昨日の状況は一番最悪だったと思います。
水温・水質などプラクティスを真剣にやりきっただけに、昨日の状況は残念でなりませんでした。
釣ったエリアはプラクティスで釣っていた場所だったんですが(ジンクスミニで獲っていた場所)状況が悪くなったので、ジンクスミニで釣れる感じではなかったです(昨日も何度かトライしましたが)
そこで、プラクティスのイメージ通り、急激にタフって沈んだであろう魚をネコリグで獲っていった感じです


かなり濁りもあったので、マイフェイバリットでもある『豪クサ』仕様が火を噴いたのかもしれませんね
試合直前の私の予想では、優勝ラインは3500gと考えていました。
600gベースのキロフィッシュが1本って感じですかね。
私のウェイトが3260gだったので、最後の最後までハラハラドキドキでしたね


タイムリミットが近付き、ロッドを置いた瞬間は優勝予想ラインを超えられなかったので『ダメだなぁ~』と思ってたんですけど・・・
続々と帰着する参加者の皆さんの話を聞いていると、本湖がダメだったようです
流入河川をメインで釣っていたのは私を含めて3人のみ。
結果的に流入河川をメインで釣っていた3人が入賞する展開となりました


第2位 タッキーさん 2920g(5/5)
相変わらず強すぎですね
この安定感は流石です♪


第3位 ヨコシマさん 2640g(4/4)
さらにBF賞も獲得です(960g)
何だかんだでいつも釣ってくるイメージです
『強さ』とか『安定感』とはそう言う事なんでしょうね。
タッキーさん、ヨコシマさんおめでとうございます


今回もかなりの超大作となってます(←釣行後記ね^^;)
まだまだ読ませね~ぜっとばかりに書きたい事は山ほどありますが、残念な事に今日は月曜日・・・
ドラマの時間も迫ってきているので、何かと忙しく・・・(爆)
まだかまだかと、PCの更新ボタンをクリックしまくっている方の為に、そろそろ終わりにしようと思います


今回の優勝は、自分一人で勝てたとは思っていません。
HPを通して知り合った方達に、日々刺激やアドバイスを貰い、その全てがプラスの方向に向いた結果だと私は思います。昨日今日と『おめでとう』と言って下さった皆さん、本当にありがとうございますm(__)m
昨日の夜は、涙で枕を・・・いや、爆睡でした
また良い結果を出せるように日々努力して行こうと思ってます
あっまた長くなりそうな予感・・・
って事で、この辺で締めたいと思います。


大会に参加された皆さんお疲れ様でした。

PS
くじ引きの特訓せねば(爆)

スポンサーサイト
2011-11-14 : 釣行後記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まな

Author:まな
<年齢>
 40歳
<性別>
  男
<血液型>
  B型
<フィッシングスタイル>
アルミボート&オカッパリ

月別アーカイブ

リンク先をPOPUP表示

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

天気予報

-降水短時間予報-

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。