スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

改造・・・

改造・・・良い響きです
これを改造と呼べるかどうかは別として、ルアーをいじるのは楽しいですね
バッツのカラーをプチチューニングしてみましたよ~
2010年9月30日
ちょっとだけアクセントが欲しかったのでアルミのシートを貼ってみました
すげ~釣れそう
スポンサーサイト
2010-09-30 : 釣り :
Pagetop

釣行後記(2010年9月26日 某川)

それにしても一気に変わりましたね。
変わるとは思っていましたが、あそこまで激変するとは思いませんでした。

HPの釣行記にも書きましたが、前日の夜更かし段階で日曜日の釣行は断念していました・・・
ところが、日曜日に目が覚めてすぐ(8時頃)別エリアで浮いていたロクマル会のmamoさんから電話がありました。

mamoさん「おはようございます!!まなさん浮いてます?」

まな「おはようございます!!浮いてませんよ^^;今起きたところです。」

mamoさん「そうなんですか。水温が17度しかありませんよ・・・」

まな「まじっすか!!」

一瞬「今日は止めといて良かった^^;」
と思いましたが、すぐに浮きたい気持ちが沸いてきました。
今、某川に何が起きているのか自分の目で確かめたくなったのです。
次の釣行のプラクティスの気持ちで・・・
この状況で何が出来るのか?

そんな事を考えながら、急いで準備を済ませて某川に向かいました・・・
スロープに着く頃には天気もポカポカしてきていい感じ。
ボートを降ろして水を触ると・・・
「なんじゃこりゃ(><)」
mamoさんの情報通りの水の冷たさ。
とりあえず水温を計ると18度ぐらいでした。

朝よりは少し水温が上がったようでしたが、数日前の水温とのギャップに少々ビビリました(^^;
でも、中々こういう経験も出来ないので、浮いて良かったとも思いました。
しかし、本当に喜ぶのは釣行が終えてから。
「終えた段階で何を感じるか」ですからね。

そしていよいよ釣行スタートとなった訳ですが、思ったよりも釣り人が多かったのでいつもと違うエリアを攻めてみました。
もちろん魚の反応は全くないです(汗)
そして見えバスも全くいないようです。

スタートが遅かったので、出来るだけスピーディーにチェックしていくと、すぐに感じた事が水質でした。
今までとは違ってメチャクチャ綺麗な水をしていました。
その水質は秋から冬に変わる時のようなクリアーな水質でした。
そしてもう1つ強烈に目に飛び込んできたのがザリガニでした・・・
2010年9月26日(1)
↑この画像の中に3匹もザリガニが写ってます。
それは今年減水してから一番と言ってもいいぐらい、沢山のザリガニがシャローで目撃出来ると言う事です。
おそらく、急激な水温低下によって冷えた体をシャローで温めていたのでしょう(亀の甲羅干しのような感じ)
間違いなくこのシャローに上がってきたザリガニを捕食しにバスもシャローに指してくると感じました。
2010年9月26日(2)
↑この様に上陸してしまうザリガニも少なくはありませんでした。
ところが、時間が経ってもバスは上がってきません・・・
見えバスも全然居ない様子(><)
「夕方なのか?」
お昼近くなると、少しずつ魚の反応を感じる事が出来ましたが、まだ35cm以上の見えバスは一回も目撃出来ません。
「まだなのか?」
ペース的に持ち込んだ2個のバッテリーが夕方まで持つ感じはない(爆)
急遽、yutaさんに応援要請を出し、バッテリーのデリバリーを頼みました(笑)

yutaさん到着までにさらにエリアを絞り込み、夕方のビックチャンスにかける準備をしました。
その間「もしかして?」を考えて、いつものエリアをスピーディーにチェック。
すると、水質はあまり良くなく、ザリガニも殆ど目撃出来ませんでした。

自分の中で確実にエリアは絞り込まれ、後はバスがシャローに上がってくるのを待つのみ。
準備は万全と思っていましたが・・・

15時頃にyutaさんがバッテリーを持って登場!!
そのままyutaさんも乗せて一気に勝負をかけますが、この頃から雲行きが怪しくなり、気圧もグッと下がっていく感じ。
「ヤバイ(><)」
ふと周りを見渡すと、お昼頃に沢山居たザリガニもかなり減ってるし・・・

でも良い場所にはまだ残っているようなので、諦めずに頑張ってみますが、仕舞いには小雨までパラつきだす。
そして気が付くと気温も一気に下がり出しました・・・
完全に読み違えましたね(><;)

こりゃ夕方じゃねぇ~な(爆)
その後はヤケクソ状態で、ビッグベイトとワドルバッツをヘビーローテーション。
何とか1匹絞り出しましたが、ここまでで精一杯でした。

多分お昼頃だったんだね・・・爆
あの量のザリガニを見たから、絶対にバスもシャローに上がって来ると思ったんですが、シャローには上がって来なかったようです。
(それだけ今回の水温低下はバスにとっては厳しかったんだと思います)
1日を通して一番暖かいと感じたお昼頃に、ちょっと深い場所を丁寧に攻めるべきだったのかな・・・
とは言っても、先の状況を推測して勝負に出るのは難しいです。
とにかく経験。経験を沢山積む事が先を読む力(精度)を上げてくれると思います。
そう考えると、今回も結果は出ませんでしたが、いい経験を積めたと信じています。
また次回も頑張ります。

おまけ
2010年9月26日(3)
↑このザリガニは死んでませんよ。ちゃんと生きてます。
ザリガニは水陸両用。しかし、水の中よりも陸上の方が明らかに動くスピードは落ちます。
水中よりも陸上の方が危険度が高いと言う事です。
特にこの時期はシャローや陸上に上がったザリガニを狙っている鳥が沢山居ます。
命をかけてまでも体を温めたいと思うぐらい今回の水温低下は厳しいものだったのではないかと私は考えます。

ま、このザリガニは特別ですが(横向いちゃって超無防備すぎ)
そして、ここまで無防備なザリガニがシャローに居るというのに、それを食べにシャローに上がれないバス。
意気地なし・・・とは言いません。
次は寒くても頑張って動いてね
釣り人も寒いんですから・・・
2010-09-27 : 釣行後記 :
Pagetop

昨日の・・・

釣行後記は明日UPします。
嫌~な雨降ってますね・・・
2010-09-27 : 釣り :
Pagetop

結局浮いたのだ^^;

今日は止めとこう!!と思ったんですが、結局浮きました
釣れない時は手抜き系。
HPの釣行記をUPしましたのでお暇な時にご覧下さい。
2010-09-26 : 釣り :
Pagetop

釣行後記(2010年9月23日 某川)

雨・風・雷と最悪の状況だった昨日の釣行ですが、その最悪の状況のお陰で久々にいい魚が釣れました。
祝日なのに浮いていたボートは6艇ほど、そしてその殆どの釣り人が多分午前中で上がってしまった事によって、午後は貸切状態でした。
(貸切と言っても、実際は釣りをする状況ではなかったのですが・・・)

いくつかのラッキーが重なって釣れた昨日のビッグフィッシュですが、サイトフィッシングにおいて一番気になることは風だと思います。
要するに水面が荒れる事!!
水面が荒れると魚が見えにくくなりますからね(汗)
まず探す事。そこから始まるサイトフィッシングでは水中が見えない事は命取りとなります。

昨日の状況で言えば、風&雨のダブルパンチ(←古っ)
前日天気予報を見た段階からサイトは無いな・・・と思ってました。
でも、よく考えてみるとそれはそれで良いんじゃない。と、思えました^^:

この時期になると、満水時に全然釣れなかった35cm以上のラージがプラプラ~と泳いでいます。
満水時には釣れないだけではなく、目撃する事すら難しいこのサイズ。
こんなのが泳いでいる訳ですから、嵌らずには居られません・・・
しかも、サイト好きの私ですから無視できない訳です(爆)
結果、サイトに時間を使い過ぎ、気が付いた時には時既に遅し、何てこともしばしば(爆×10)

サイトフィッシングってやっている時は夢中なんですけど、釣れないまま終わると何も残らない。
「アレを獲ってれば」ただこれだけなんです(汗)
魚を探せなければもっと最悪・・・

かなりギャンブル性の高い展開なんです。
しか~し、分かっちゃいるけど嵌っちゃうんですよね^^;
で、話を戻すと昨日の状況はハッキリ言ってサイト向きではない。

そこで日曜日に受けた衝撃が頭をよぎりました・・・
ラッキーにもその時の状況や釣り方を教わっていたので、凄く試してみたかったのです。
今年の減水時期は殆どパターンらしいパターンを持っていなかったので、どうせサイトが出来ないなら違う事やってみよう。
と言う感じでした。

ま、凄く興味があったのは間違いないですが^^;
シャッドプラグのドラッキングは少しだけ経験がありますが、クランクベイトでのドラッキングはやった事はない。
釣り方を真似した所で同じ様な釣果が出る訳ではないのは分かっていましたが、とりあえずやって見たかったのです^^;

実際にやってみると、これが結構面白い。
普通にクランクを巻くよりも凄く集中出来る感じがしました♪
特にロッドティップに伝わる感じは繊細で、凄く面白かったです。

某川は減水すると流れが速く、巻物ルアーをコントロールするのが難しいです。
流れに負けないように早巻きになってしまったり、私の場合は凄く雑になってしまうケースが多いです。
ところが、クランクベイトをドラッキングしてみると凄く集中出来るじゃありませんか(個人差はあると思いますが)
結果的に最大37cm止まりでしたが、これはこれで凄く勉強になり、ちょっとやり込んでみようかと思ってます。

ただ、現在の某川の最大水深は高が知れてます。
ディープクランクで普通にクランキング、もしくはニーリングでも十分かも知れません。
その辺をシッカリと理解して使う事が出来れば、これは凄い武器になりそうな予感がします。

それともう1つ、昨日クランクベイトのドラッキングをやっていて可能性を感じたことがあります。
それは○○○○○○です。
今はちょっと伏せさせて頂きますが、想像しただけで今からワクワクドキドキしちゃってます^^;

ヤベっ!!また脱線系?
またまた話を戻して、昨日はマジでラッキーでした(超強引に戻すw)
簡単に言ってしまうと、昨日釣りをしていない人は「今日は厳しいだろうな・・・寒いし」と感じた人が多いと思います。
ところが、水中は違ってました。

よく3月頃に感じるアレの逆パターンですね^^;
3月頃、ポカポカ陽気の日に「今日は暖かい、釣れんじゃね?」って気合を入れて釣りに行くと、全然釣れない。
水を触るとメチャクチャ冷たい(汗)
って経験あると思います。

昨日はその逆パターンかと・・・
人間的にはメチャクチャ寒い。
しかし、水を触るとメチャクチャ温かい。
そして午後になると明らかに午前中よりもシャローに魚が居ると感じました。
釣り人も少ないし、このタイミングでサイトにシフトチェンジしたんです。
これが良かったんですね^^

確かに雨&風は激しく、雷も凄かったです(2回ほど地響きも)
しかし、水中に影響が出るにはタイムラグがあります。
実際、釣行を終えた夕方ごろから某川の水位は一気に上昇したようで、水中に出るタイムラグをフルに生かせたのかなって感じました。
ああなってしまうと、水質も急激に濁りだすと思うし、それこそサイトフィッシング処ではなかったのではないでしょうか?
まじラッキーでした^^;

寒さはお昼頃が一番ピークだったように感じます。
手もかじかみ、キャストも決まらず・・・
水温の方が温かい為、エンジンで移動する際に水中に右手を入れて温めたりしていましたよ~^^;

まだまだ書きたい事(感じた事)はいっぱいあるんですが、また長くなってきたのでこの辺で終わりにします。
それにしても7月25日以来の40UPラージは嬉しかったです^^v
久々に手が震えましたw(寒さで震えたのか、興奮して震えたのか分かりませんが)
またいつこの興奮を味わえるかと思うと、今から楽しみでなりません!!
もしかして次釣れちゃうの?みたいな(爆)
また次回もがんばります。

PS
天気の悪い日の釣行は十分気をつけましょう。
2010-09-24 : 釣行後記 :
Pagetop

やっぱり寸止め病・・・

今日も某川へ。
激荒れでしたね・・・
でも思ったよりも好感触?
HPの釣行記をUPしましたのでお暇な時にご覧下さい。
2010-09-23 : 釣り :
Pagetop

釣行後記(2010年9月19日 某川)

昨日の釣行後記です。
先週降ったまとまった雨のお陰で水位的には良い感じ。
前回の釣行時よりもカバーが増え(水位が上がったので)テキサスリグのロッドを1本追加しての釣行となりました。

しかし、水が完全に入れ替わったようで、前回の釣行時よりも水温は3度下がり、天気的にも秋の気配プンプン。
いくらカバーが増えてもこの天気ではカバーに入る魚は少ないようでした・・・

分かっていても良さそうなカバーに手を出してしまうのがボートフィッシングの性なのか・・・
結局1日中、タイミングを変えては良さそうなカバーを撃ってしまいました(><)
でも、カバーを撃ちつつも何となく違うような感じはしていたので、メインとなる展開を考えつつの釣行。

春・夏と殆ど見えバス(35cm以上のラージ)が見えない某川。
この減水時期になると、急に見えバスが見えるようになる。
性格上、サイトは好きなので思わずトライしてみるが、中々口を使わない。

場を休める為にディープレンジやその他のリグも色々とトライしてみるが、どれもイマイチ・・・
季節が進むにつれて、このシャローに上がってくる魚はプレッシャーが高くなるが、今はまだまだプレッシャーは薄い方だと考えた。
ならば今日のメインはこの見えバスを獲る事にしようと・・・これしか釣れる気がしないとも言う(爆)
何箇所か単発で40cmクラスを目撃したが、再現性が低いので一番濃い場所で夕マズメ勝負。

そこには35cmクラスが2本と40UPが1本を確認していたので何とかこの3本を仕留めたい所です・・・
日中も何度か入り、入る度にルアーを変え魚の反応を見ていたので、夕マズメではいきなり勝負ルアーで入る。

そして数投目に35cmがヒット。
さらに連発で38cmもヒット。
サイトフィッシングの面白さの1つに「嬉しい誤算」がある。
殆どの場合、目測よりも大きい事が多いんです^^

この時点で事前に確認していた35cmクラス2本をキャッチした訳ですが、残すは40UP。
この魚はもしかして45cmくらいあったりして^^:なんてワクワクドキドキしながら魚を待つ・・・
そして現れた40UP。
明らかに前の2本よりも太い感じがします。

しかし、この魚に口を使わせる事は出来ませんでした。
そしてこの魚と戦っている途中にさらにもう一本の35cmクラスが浮上してきましたが、この魚もミス。
また次回の課題ですね・・・
最終的にサイトで仕留めたリグは「Rjig」手巻きのスモラバでした。

と、まぁここまでは普通の釣行記(去年もやっていた)なんですが、実は昨日の午前中にある事件が起きていた・・・
ぶっちゃけサイトフィッシングなんかやれる精神状態ではなかったんです(爆)
その事件とは・・・


















この魚です
2010年9月19日
飯田さんが仕留めた56cm。
何て言ったらいいか分かりませんが、一言で言うととにかく「デカイ」
某川でこのサイズは初めてみました(生きてる魚ね)
この魚の詳細はイマカツHPに後程UPされると思いますので、楽しみにしていて下さい。

今年は某川で開催された大会に多く参加してきました。
その中で一番感じた事は「釣る人は釣る」と言う事。
昨日の釣行でもそうでした・・・
「やっぱり難しいなぁ~」「正直釣れる気がしないなぁ」なんて考えてました(爆)

でも、本当に上手い人って言うのは、厳しいなら厳しいなりに釣り方を変えて状況にアジャストしてしまう能力(経験値)が高いのです。
自分には全然足りない部分ですね・・・
昨日の釣行後に、飯田さんとタッキーさんとの3人で晩御飯を食べに行きました♪
その時の話で凄く印象に残ったのが、釣りの技術(キャストとか)だけが上手くてもダメって事。
確かに技術も大切ですが、それだけでは獲れない魚が必ず居るって言う事ですね。

「厳しい」とか「難しい」って言ってしまった時点で負けているのかも知れません・・・
一日の釣行を終えた時点で言うならまだしも、釣行の途中で口にするのは気持ちが折れている証拠なんですね^^:
なんだか精神論見たくなってきましたが、メンタルな部分も凄く釣果に影響すると思います。

大きい魚を釣る人って凄いですね。
釣り人に夢を与えてくれます(ここに居るんだぁ~的な)
昨日の釣行ではそういう意味でもまた某川が好きになりましね^^:
ま、私には釣れない魚ですが・・・(爆)

正直言って、確かに年々難しくなっている某川ですが、ここのポテンシャルはまだまだ計り知れないと感じました。
そんな某川のポテンシャルを少しでも引き出せるように頑張らなくちゃな~
でも、怪物君は飯田さんにお任せしますm(__)m
私は寸止め狙いっす(滝汗)
また次回も頑張りますよ~
2010-09-20 : 釣行後記 :
Pagetop

ビビッたのだ^^;

今日も某川です。
微妙に寸止め病にかかりつつある感じは否めませんが、自分なりにまぁまぁ頑張りました(超滝汗)
でも凄いの見れたんで良かったです^^
HPの釣行記をUPしましたのでお暇な時にご覧下さい。
2010-09-19 : 釣り :
Pagetop

ミーウーその2


本日最大サイズ。
仕事で来てます(^o^)
2010-09-18 : @携帯 :
Pagetop

ミーウー


千葉のミーウーに来てます。
もちろん仕事ですけどね・・・
2010-09-18 : @携帯 :
Pagetop

宿題。

今年ある方から託されたルアーがあります
それは確か6月頃・・・

ある方「まなさん、これ使ってみて下さい!!」
まな「何ですかこれは?」

そのルアーは見た事のないルアーでした。
で、その託されたルアーとは・・・


















へリン社の「スイマースプーン」
2010年9月8日(1)
その時の某川は満水時期だったので、自分のスキルでは釣れそうな感じはない(爆)

まな「某川が減水したら使わせて頂きます^^」
っと言うことで、減水シーズンの宿題となったこのルアーですが、よく見るとカッコイイですね♪
2010年9月8日(2)
日本のルアーにはない雰囲気を持ってます。
まさにアメリカン!!
バスフィッシングって感じです。
次回の釣行から使ってみます^^v
楽しみ~
2010-09-15 : 釣り :
Pagetop

釣行後記(2010年9月12日 某川)

ホント雨が降りませんね・・・
この前の台風でちょっとだけ水は入れ替わったようで、変体的な高水温からは脱出したようですが、やはりもっともっと雨が降ってほしい感じです。
「濁り」はありますが、殆ど気になりません。
毎年9月の某川なんてあんなものです^^;

一応、今回の釣行が2010年の減水シーズン(マイボート)1発目だったので、基本的に手探り状態。
ただ、去年やっているので何となくのイメージを持っての釣行となりました。
そして一番気になっていたのは先週月曜日のパターン(○○め艇での釣行)
正直言って、↑このパターンは今後強い見方になると思っていました・・・

ま、蓋を開けたら全く通用しなかったんですけどね^^;
理由としてエリアの選択ミス。
簡単に言うと、毎日2cmぐらいずつ減水している現在の某川。
当然各エリアの流れも変わってきます。

例えば、「前回の釣行ではこの辺に流れがガンガン当たっていたのに、今回はその場所より少し下流側に流れが当たっている」
とか、「流れが強かった場所が、流れが弱くなっていた」
と言った変化についていけなかった感じです。

前回の釣行(月曜日の○○め艇での釣行)が私の中でインパクト大だったので、それに執着しすぎた感じがしました^^;
これって今だから気がつくんですけど、実際フィールドで気がつき、修正するのって凄く難しいんですよね・・・
でも、それが出来る人ってやはり結果を出すんです。
しかも安定した結果を!!

ライトリグがダメなんじゃない。
スピニングタックルがダメなんじゃない。
要は状況にあった選択をすると言うこと。
↑これが大切だと思います。

ちょっと脱線しそうなので、話を戻しますが^^;
減水1発目のマイボート釣行となった今回の釣行ですが、手探り状態の釣行でも何となく思い出してきた(去年やっていた事や考えていた事)感じがします。

ただし、今年は去年とは違う!!これは間違いなく感じます。
去年やっていた事にプラスして今年の要素を入れる。
これが出来ないと去年の釣果は超えられないと思います。
最悪の場合は去年以下の釣果になる事も・・・

水位が心配な今後の某川ですが、まだまだ始まったばかりなので、ガッツリと楽しみたいと思ってます^^
また次回の釣行も頑張りますよ~~!!

2010-09-13 : 釣行後記 :
Pagetop

減水シーズンスタート?

今日も某川です。
いよいよ減水シーズンがスタートした訳ですが・・・
ちょっと水位が低すぎてヤバイ感じっす。
一雨ほしいところですねぇ~
HPの釣行記を超軽めにUPしましたのでお暇な時にご覧下さい。
2010-09-12 : 釣り :
Pagetop

恐るべし寸止め艇・・・

昨日の月曜日、仕事が早く終わったので某川に浮いている寸止め艇の船長にTEL・・・
そして合流。

状況は厳しいようですが、寸止め艇のバックシートを無事確保
確かに簡単には釣れない感じ・・・
しばらくすると、寸止め艇の船長の携帯が鳴る・・・
神の一言があったようです

その後は船長が連発~
でも38cm・・・流石噂の寸止め艇(爆)
まるで38cmのスクールを狙い撃っているようです(笑)
(本人はマジで凹んでました)

神の一言で一気にサイズUP
流石ですね~
そして夕マズメ・・・

それまでイマイチだった私にも待望のバイト!!
出たか40UP
もしかして寸止め艇じゃなくて寸止め船長なの
2010年9月6日
(画像提供:yutaさん)
サイズを計ると39、5cm
恐るべし寸止め艇
(やはり寸止め艇なのか・・・)

この魚は1150gもあって、かなり餌を食べている感じでした。
なるほど~って感じです。
この後500gもキャッチ。

そしてラストチャンスはバッツタイム
最後の最後に1本出ましたが、ファイト中に無念のフックオフ。
これも寸止め艇の力なのか・・・

ま、冗談はさて置き、短時間ではありましたがバックシートに載せてくれたyutaさん(あっ言っちゃった^^;)と神のアドバイスのお陰で楽しい釣行が出来ました
2010-09-07 : 釣り :
Pagetop

釣行後記(2010年9月5日WOSおかキン第7戦)

昨日の「おかキン第7戦」を振り返ります。
今年は徹底的に某川ボートに時間を使ってきました。
その為、毎回お誘いいただいていた「おかキン」も私のわがままで参加をお断りしていました。

先日、満水シーズンが終了した某川ですが、一度リセットする意味も込めて今回はボート釣行をお休みして「おかキン第7戦」に参加させていただきました^^
減水直後の「おかキン」開催と言うこともあって、かなりの期待はしていましたが、昨年の同時期開催の「おかキン」ではノーフィッシュをくらっているので油断は禁物です。
むしろ、ノーフィッシュ覚悟で挑む気持ちです(汗)

私自身、正直なところ噂で聞く「減水直後の爆釣」なんて味わったことがありません・・・
人それぞれ何を基準に爆釣と表現するのか微妙なところですが、私はこの時期に数&サイズ共に爆釣と呼べるほどの釣果をした事がないのが現実です(汗)
要するに、かなりタフな試合になると思っていました・・・

噂や情報が早い今の世の中(←ちょっと大袈裟シリーズ)なので、大会当日もかなりの釣り人がこのフィールドを訪れる事が予想出来ました。
大会のスタート時間が遅いので、朝一自分のやりたい場所に入れない確立が高い。
帰着も12時までと早めの為、あまり無理(ロングラン)は出来ませんが、出来るだけプレッシャーの少ない場所で勝負する事にしました。

スタート地点に近い場所の方が釣りが出来る時間が長いが、人も多いので魚を釣るのに時間がかかる。
逆にスタート地点から遠い方が移動に時間がかかる為、釣りをする時間は短いがプレッシャーが低いので魚がイージーに釣れる。
そう考えたのです。

今回はプラクティスをする時間もなく、ぶっつけ本番で試合に挑みましたが、エバさんのお尻をピッタリとマークして着いて行きました(爆)
途中2箇所ほど寄り道をしましたが、目的地に着くとすぐにバイト!!
ファーストフィッシュは350gでした。

今思うとこの後すぐに移動するべきだったんですねぇ(><)
その後はバイトらしいバイトは得られず(エバさんやyutaさんは反応があったようですが)結局11時(帰着は12時)までこの場所で粘ってしまいました(><)
この日も天気予報では猛暑日。
初めてのウェーディングだったので、とにかく気持ち良い^^;水の中から出られなくなってしまいました。

大会などでのファーストフィッシュは凄く重要です。
そして次にキーになるのが移動のタイミングだと思います。
昨日の大会ではこの移動のタイミングを完全にミスってしまいました。

昨年毎回「おかキン」に参加していた時は自分なりの戦い方がありました^^;
それは出来るだけリミットを揃える前に移動する事(状況にもよりますが)
大会の時間が短いのでリミットを揃えてから入れ替えをしようとすると、時間が足りなく中途半端になってしまい、もっとも時間を使いたいキッカーフィッシュを獲る時間が無くなってしまいます(汗)

その為に、見切りを早くして入れ替えの手間を省く(2本リミットだったら1匹釣ったらキッカーフィッシュを獲りに行く)という作戦を考えていました。
今回、久々に「おかキン」に参加したので昨年考えていた↑この作戦をすっかりと忘れていました(爆)
プラクティスもしていなかったので、尚更この作戦でテンポ良く良い場所を回った方が良かったのかもしれませんね・・・

準備という部分でみても全然出来ていなかったように感じます。
ま、結果が全てですね^^;

今回の「おかキン第7戦」を制したのは、ナッコさんでした!!
優勝&BF賞をWで獲得の完全優勝は流石です♪
おめでとうございます^^

最近大会の参加率が多いですが、大会に出るとホント勉強になります。
答えが分かるって良いですね^^;
また次回頑張りたいと思います。

大会に参加された皆さんお疲れ様でした。
2010-09-06 : 釣行後記 :
Pagetop

久々のオカッパリっす。

今日はWOSおかキン第7戦に参加してきました。
久々の「おかキン」参加ですが、果たして・・・
HPの釣行記をUPしましたので、お暇な時にご覧下さい。
2010-09-05 : 釣り :
Pagetop

やっとゲットなのだ。


(-。-)y-~
2010-09-03 : @携帯 :
Pagetop

釣行後記(2010年9月1日 第4回魚けんCUP)

まだ夏は終わらなかった・・・

日曜日の某川釣行で2010年の満水シーズンは終わったと思いました。
勿論、「魚けんCUP」の開催も減水直後を狙っての開催だったのですが・・・

直前情報では今年の減水は9月の頭だそうで、9月1日に開催の「魚けんCUP」はとても微妙なタイミングとなってしまいました。
「減るの?」「減らないの?」いったいどっちなの?って感じ^^;

大会3日前の釣行では「どうせ3日後には減水してしまうので、大会のプラにはならないな・・・」と考えてました。
当然釣りの内容も来年の夏を見越しての釣行となり、釣果よりもエリアを見て回る感じで1日を終えました。
今まで見て見ぬ振りをしていた某川最上流域ですが、今年の夏は中・下流域が全然イマイチ(変な日本語ですが、それだけ釣れなかったと言う意味です^^)

お盆に出場した「暴れん坊CUP」や最近の状況(中・下流域)から、夏のセオリーでもある上流域から目をそらす事が出来なくなっていました・・・
「暴れん坊CUP」終了後から1度だけですが、上流域を見に行きました。
そして大会3日前の日曜日に2回目の上流アタック。

危険箇所も多いこのエリアですが、2回目なので気分的に楽ですw
日曜日ともなれば、それはそれは人が多いこと・・・これが夏の某川か?っと目を疑う程、かなりのハイプレッシャー。
わずか2回の上流アタックで感じた事は、夏の上流とは言え、そう簡単には釣れないな・・・と言った印象でした。

ところが、この2回目(大会3日前の日曜日)の上流アタックにて、有力な情報をキャッチ!!
「某川上流の減水は9月の頭(最初)」らしいとのことでした。
日にちはハッキリとしないものの、減水or満水の両方の可能性が出てきた訳です。

もし減水していたら何となくイメージは出来るんですが、問題は水位が下がらずに満水だった場合です。
釣行記を見てもお分かりの通り、今年の夏は大苦戦。
もし満水だったとしたら何をやっていいのやら(超滝汗)

月曜日と火曜日に散々迷った結果、当日のプランが何となく見えてきました。
火曜日の夜の段階で減水していなかったら、迷わず上流をメインにする。
もしその段階で減水が始まっていたら、中流域をメインにして減水時期の釣り方をする。

そして火曜日の夜、布団に入る前に水位を最終チェック・・・減水していない事を確認。
(最終的な水位チェックはもちろん当日なんですが)
そして布団に入りました。

今思うと、今年2回の上流アタックでイマイチ結果を残せなかったので、某川の神様に最後にもう一度チャンスを貰ったような気がします。
「このまま終えて来年の夏大丈夫なのか?」的な(爆)
当日はyutaさんの予想外のスタートダッシュによって、思わずプチ予定変更をして軽く寄り道してしまいましたが、この寄り道はかえって上流で勝負する!!と言う気持ちを強くさせてくれました。

そして今回の優勝に大きく貢献してくれたのは「ワドルバッツ」です。
リミットメイクとなる2匹目(500g)と、最初の入れ替えとなる3匹目(ラージ950g)を呼び寄せてくれました♪
特に950gのラージのバイトは強烈でした。
2010年9月1日(1)
バックリと丸呑みです。
丸呑みしているのを確認した瞬間、フックがエラにかかっていないか心配しましたが、ネットインして確認するとギリギリセーフ(アブネw)
ワドルバッツで獲ったこの2本で勢いがついたのは間違いないと思います。

朝一、yutaさんから奪った(お借りした)新品のワドルバッツは帰着後この状態。
2010年9月1日(2)
1日通してかなり投げました^^
そして大会終了後、持ち主の元へ(今週末はまた私が使う予定ですw)
バッツを1日レンタルしてくれたyutaさんには大感謝ですね(今週も宜しくです^^;)
今回の釣行で色々な可能性を感じました。
来年の夏に生かせるといいんですけどね~。
大会主催のクニさん、そして大会に参加した皆さんお疲れ様でした。

そして昨日、2010年の某川満水シーズンが幕を閉じました。
また来年まで・・・
2010-09-03 : 釣行後記 :
Pagetop

日曜日かと思ったら水曜日だった・・・

今日は「第4回魚けんCUP」に参加してきました。
HPの釣行記をUPしましたので、お暇な時にご覧下さい。
平日釣行ってイイね

PS
今日の釣行後記は明後日にUPする予定ですので宜しくお願いしますm(__)m
2010-09-01 : 釣り :
Pagetop
ホーム

プロフィール

まな

Author:まな
<年齢>
 40歳
<性別>
  男
<血液型>
  B型
<フィッシングスタイル>
アルミボート&オカッパリ

月別アーカイブ

リンク先をPOPUP表示

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

天気予報

-降水短時間予報-

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。